So-net無料ブログ作成
検索選択

上司も記憶しなかった(BlogPet)

きょうchororiは、上司も記憶しなかった。
それできのうchororiが、土産も世話すればよかった?
でも、きょうは意図が充血したいなぁ。
それで世話に質問された!

*このエントリは、ブログペットの「chorori」が書きました。

ああ運動会… [保育園つれづれ]

今日は末娘の保育園の運動会。
近隣保育園は運動会の集中日だったらしく、雨で来週に延期になったと
何人もの方にお聞きしたのですが
幸い、うちの園ではグラウンドを借りる予定の小学校が体育館も貸してくれていて
無事、体育館で開催されました。

娘は何週間も前から、「さるさるさ」を踊るという話をしてくれていて
少しだけ、振りを披露してくれたり
事前に持ってくるようにと言われていたベージュか茶系のズボンを
先生に渡した?と聞くと
「うん。もう尻尾ついてるよ♪」
と嬉しそうに言っていたり、
シリアルを手づかみで食べる兄に私が
「サルじゃないんだからスプーンで食べなさい!」というのを聞いて
「さるは○○(自分の名)だよ」
とかみ合わない突っ込みを入れたり、
先生からも上手に踊っています、という話を聞いたりしているので
親としては最上級の期待を膨らませていたのです。

が…。

2つくらい前のプログラムのとき、尻尾つきのズボンを履かない、
と駄々をこねている風の娘の姿が気になっていました。
それでも結局、娘一人だけ尻尾のない普段着のままで、
ニコニコして登場してきたので、一瞬安心したのですが
踊りが始まると、もう一人の男の子と指をくわえて見つめあったまま静止…。
先生がそばで、踊っているお友だちを指さしたりして促しても動かないまま。
そのうち、一人だけ、踊りの列の後ろを指をくわえたまま歩き始め、また静止。
隣のお母さんが、
「あーらかわいい。ほらかわいい!」
と歓声をあげているというのに、私は泣きそうになりました。

踊りの後は、棒をよじ登ったりジャンプしたりでんぐり返しをしたりぶら下がったり、
という競技が続くのですが、こちらはなんと、一番先頭で
きちんとこなすことができました。
お見合い状態だった男の子は最後までできなかったのでもっと気の毒でしたが…。

すべての演目が終わった後、お土産のパンや勲章を渡しながら担任の先生に
「勘弁してやってください、途中から立ち直れただけでもすごいんですよ」
とわざわざ言われました…。
私がサルの踊りを楽しみにしていたのを、連絡帳で知っていたのでしょう。

どうして踊らなかったの?ママ楽しみにしてたのに、と聞くと
「○○くんも踊らなかったよ」というだけで。
その子が踊ったら自分も踊ったのか?結局謎のままでした。

あとから思い出しても、なんだか泣きそうです。
頑張っている姿を見られなかったことと
なぜ踊らなかったのかの理由がわからなかったことで。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

赤い羽根共同募金 [あれやこれや]

子どもたちのボーイスカウト奉仕活動につきあって、
昨日、赤い羽根共同募金をやってきました。
駅頭に立って「お願いしま~す」という、あれです。

駅頭の募金運動の中で、赤い羽根といえば老舗中の老舗(?)。
以前は、TVのアナウンサーも胸に付けてニュースを読んでいたような
記憶がありますが、最近はあまり見かけないような?
(単に、私があまりニュースを見ていないだけかもしれません。)
いずれにしても、街頭の募金や署名活動の中では信頼性の高い部類だと
思うのですが、やってみての感想などひとこと。

募金するかどうか、またその金額で、善意を測るつもりは全くなく、
測れるものとも思いませんが、
募金してくださる方に共通点は、あまりなかったです。
比較的、年配の女性に多いのは、子どもたちが頑張っている姿に
母親としてほだされてしまうからかな?とうがった見方をしてしまいます。
そんな方たちは、
「お疲れ様」
「がんばってね」
と声もかけてくれます。
(その意味で、子どもを立たせることになんとなく大人の厭らしさを
感じてしまうのはこれまたうがった見方でしょうか?)
サラリーマン風の方は募金率があまり高くないのですが
立ち始めてすぐに募金してくださった方は
「そんな季節になったんですね。
うちの子も(ボーイスカウトを)やってるので、
今どこかで(募金呼びかけを)やってるんです。」
と話しかけてきました。
この方は、ボーイスカウトだからしてくれたのかも、と思います。

家族連れの場合は、お子さんに小銭を持たせ、入れてらっしゃい、と指示するご両親が
多いです。
赤い羽根を付けてあげると、恥ずかしそうな子や嬉しそうな子など様々。
これなどは、困っている人のために寄付をする、という
教育的配慮なども感じられてほほえましいです。

あまり来てくれないのは、中高生から20代前半くらいまでの若い人たち。
そうかと思うと、ヒップホップダンサーみたいな雰囲気の男性二人組が
入れてくれたりします。
人はみかけに寄らないもの、と正直、思います。
それから、明らかに結婚式披露宴に出席する服装の方たち。
お祝儀で懐事情が苦しいのかも?
でも、その中でもひと組、とても派手なカップルがそれぞれ募金してくださいました。

子どもたちが印象に残ったのは
「少しでごめんなさいね」といいながら、10円玉と1円玉をじゃらじゃらいれてくれた女性、
だったそうです。
若いころ、お賽銭感覚で5円玉1枚ですませた自分が恥ずかしくなりました。

2時間半の募金活動、短いかなと思いましたが
特に低学年以下の子どもたちは、だんだん退屈になったり疲れてしまって
そのくらいが限界だと判明。
彼らにあまり趣旨は分かっていないだろうとは思いつつも、
ずっと続けていくうちに、自分たちの活動の意味を理解してくれればいいな、
と思いました。
そして、今度私が赤い羽根共同募金を見かけたら、
きちんとそれなりの金額を入れようと思った半日でした。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

発信(BlogPet)

chororiが発信しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「chorori」が書きました。

アタマジラミ騒動 [育児つれづれ]

昨日の夕方、会議中に、保育園から突然電話がありました。
特にやましいこと(朝、熱が少し高めだったのを平熱を装って登園させた、とか、ウンチがゆるかったとか)はなかったので思いもよらず、何事か??と心配しながらコールバックすると、「ごめんなさい、アタマジラミです」と担任の先生の声。
同じクラスの女の子でそう診断された子がいて、クラス中を確認すると、女の子全員から発見されたということ。
「明日は土曜日なので、受診していただければ(早く帰ってこなくても)いいですが、お迎えのときに突然言われたらびっくりすると思ってご一報を」
…って、電話かけられたらもっとびっくりするんですけど。

以前、同期で同じく3人の子持ちママがアタマジラミのことを話してたと思い、聞いてみると、スミスリンシャンプーというのを数日おきに使って駆除するが、シーツやまくらカバーを毎日洗濯する羽目になり、結構大変、といわれました。とにかく、一日でも早く駆除したい、と、帰りにドラッグストアに寄ってスミスリンシャンプーを購入。小さいビンなのに2800円もするのでまたまたびっくり。
そして保育園に行って、「これがアタマジラミの卵らしい」と言われたものはあまりに小さく、正直よくわかりませんでした。娘は髪を結んでもらっていて、聞くと「タマゴがいるから」とのこと。
シーツやまくらカバーは熱湯消毒、とか、家庭内での感染に注意とか書いたプリントを渡され、仕方ないので昨夜使った寝具も熱湯消毒の上洗濯、いつも一緒に寝ている姉兄は、別の部屋で寝なさいと宣告(でも2年生の息子は結局私の左側で寝ました…ハハは防波堤)。毎日シーツ交換は大変なので、布団の上半分にバスタオルをかけ、「なるべくここから頭を出さないように」と寝相にまで注文を付けました。
風呂で早速スミスリンシャンプーを使ってみると、「なんか甘いにおい♪」とまんざらでもなさそうなので一安心。
とはいえ、ネットで調べても、卵は白、という説から茶色、光沢がある、などいろいろ書かれているものの、保育園で指摘されたものが本当にそうなのか、どうも納得できません。
受診なんてしてもしょうがないじゃん、と思っていながらも、言われたので半ば仕方なく、近所のお爺さん先生のところへ行って見てもらいました。
先生はルーペで丹念に娘の頭を調べた結果、「どうも、シラミは認められませんね」と。
どうやら陰性だったみたいです。
言われてみれば、それっぽい?と思ったものがみんな、ホコリや糸くずだった気がしてきます。
ちょっと見ただけで、ここにもあそこにも、とわかるくらいに虱の卵が見つかればスミスリンシャンプーを使った方がいいが、この程度なら必要ない、と言われました。うーん。先走って買わなければよかった。
では保育園で「見つかった」といわれたのはなんだったんでしょう。
ということで、子どもたちは今夜は安心して同じ布団に入っています。私も面倒な熱湯消毒をしなくてよくて、ありがたいこと。なのに、娘は今日も布団の上にバスタオルを敷いてくれとうるさくせがみ、わざわざバスタオルに寝ていました。子どものこだわりはいつも謎です。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

家族の絆を考える(BlogPet)

inakyouyuzuchiの「家族の絆を考える」のまねしてかいてみるね

若い母親が続々出ていき、事情で気に振り替えた子どもたちのにしないです。

*このエントリは、ブログペットの「chorori」が書きました。

家族の絆を考える [小学生ママとして]

若い母親が、育児が嫌になって子どもを放置したり
「居所不明」高齢者が続々出てきたり
(本当に失踪している人と、行政手続きがうまくいっていないだけのものと
ごちゃごちゃになっている感もありますが)
と、家族をめぐる憂鬱な報道が多い今日この頃。
虐待の報道の中に、
「謝れ、謝れ」と何度も怒鳴る声が聞こえた、というのがあって、
やば、私も言ってる…と内心どきっとしていました。
だって、下の子に暴力を奮って泣かせてるのに謝りもしないんだもん…。
まあ、謝罪を強要しても無駄、ということが分かってきたので最近は言いませんが
窓を開けたまま説教していると、虐待と思われるかもしれないので
気をつけないといけないです。

とはいえ、今日も、夏休み最後の土曜日だというのに
宿題の進捗状況の確認がなかなか進まず、息子を叱りつけていた私。
穏やかに話し合おう、と思っていたのに
ちっとも自分の問題ととらえてくれず、上の空になっているので
ついイライラしてしまいます。

上の娘は、いつも金曜日のスイミングを、事情で土曜日に振り替えたので
車で送っていき、見学してきました。
クロール速いね」と素直に感じたままを告げると嬉しそうでしたが、
つい、平泳ぎの足使いのダメ出しをしてしまう、小うるさい母です。

少し前の報道で気にかかっているのが、小3女子が首をつって自殺した、というもの。
いじめで自殺なんて、せいぜい高学年以上可と思っていたので
3年生でもそんなことを…というのがショックでした。
娘は4年生になってしまっています。
話をして、聞いてあげているつもりではありますが
本当に理解してくれる親だと思ってもらえるような聞き方をしてるかな、
とちょっと反省したり。

いずれにしても、虐待されて亡くなった子どもたち、
いじめを苦に死を選んでしまった子どもたち、
そして、誰にもみとられずに亡くなったり、行旅死亡人扱いになってしまった方たちの
ご冥福をお祈り申し上げます。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

女の住宅ローン(BlogPet)

inakyouyuzuchiの「女の住宅ローン」のまねしてかいてみるね

平日ですが借りてくれたときに代わったの女性に電話って、若干まとまったお金が弊社は夏休み!
この機会に趣旨をしちゃ悪いかどうかは窓口に思ったのでしょうかどうかどうか、私たちの勤務先の女性に結構株式投資を取るために電話って、保守的に出向かないのでアポをかけたときに指定しちゃ悪いかは最初に出向かないと言われましたときに出たからは最初、最初、3人目を買う時に代わったお金が私の連帯保証人にかけることが多いの連帯保証人に代わったからはインターネットで5年前にかけることが亡くなったの繰上返済してローンの代わりに出たので繰上返済し、その後担当の電話を買う時になるの建売を組むことはともかくとして銀行で、同じ確認をするになるのですね。
いいえ、若干まとまったのに、いまだに「ご自身のローンですか?」と聞かれると、独立し、保守的になるのでしょうか?それとも、と、妻が入ったところなんでしたときに、3年前に考えてくれませんですね。

*このエントリは、ブログペットの「chorori」が書きました。

点眼したかも(BlogPet)

inakyouyuzuchiは、点眼したかも。

*このエントリは、ブログペットの「chorori」が書きました。

女の住宅ローン [あれやこれや]

平日ですが弊社は夏休み
この機会に、住宅ローンの繰上返済をしてきました。
今の建売を買う時に、夫婦それぞれの名義で大借金をしていますが、
3年前に父が亡くなったときに結構株式投資をしていたことが判明し、
若干まとまったお金が入ったものです。

大手都銀ではインターネットで繰上返済ができるようですが
私が借りている地銀は窓口に出向かないといけないので
アポを取るために電話をし、最初に出た女性に趣旨を話したところ
「返済されるのはご主人さまのローンですか?」と聞かれました。
いいえ、私のです、と答えたのですが、その後担当の女性に代わった後
再度同じ質問をされました。

私が私名義で借りてるローンを繰上返済しちゃ悪いか!?
それとも、この手の電話って、妻が夫の代わりに銀行にかけることが多いのでしょうか?
せめて、同じ確認をするにも「ご自身のローンですか?」と聞いてくれれば
まだよかったのに、2度もオットのか、と聞かれるとちょっと拗ね気味にもなります。

それでも、この地銀は、夫婦で借金をさせてくれただけ、まだよかったのです。
ローンをあっせんした不動産会社は最初、大手都銀に声をかけたのですが
そちらからは、私が夫の連帯保証人になるのであればいいが、
独立してローンを組むことは認めてくれませんでした。
なぜなら私が3人目を妊娠中だったから。

その銀行は、夫婦とも給与振込に指定している銀行で、
もっというと、私たちの勤務先の系列銀行でもあったのですが
すでに2人も生んで5年以上経っているのに、いまだに「妊婦は出産後、
会社を辞めるリスクがあるから貸せない」と言われちゃうのか、
と残念に思ったものです。

「借金をできる」ことが幸せかどうかはともかくとして
銀行業界では、「女性が仕事を続け、自分の収入でローンを組み、自分の責任で返すこと」
について、保守的に考えているところなんですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。