So-net無料ブログ作成
検索選択

災害のあと [あれやこれや]

この度の震災で亡くなられた方々には心からお悔やみ申し上げますとともに、ご遺族、被災された方々のご苦労、ご心痛をお察し申し上げます。
新聞などで、様々な記事を読むたびに涙が出てきます。

横浜もかなり揺れました。
でも、私は幸い車で帰宅することができ、帰宅難民となってしまった友人の子どもたちも引き取って、21時過ぎには自宅に家族全員が揃い、幸運に恵まれました。
その後も いろいろありましたが、計画停電区域からも外れ、かなり平常化しています。

地震の後、西日本の親戚や知人から安否を尋ねる連絡をいただいたのは、想像以上に嬉しかったです。
世界中のいろいろな国から日本にエールを送られているという報道にも、涙が出ます。
人間も捨てたもんじゃない。
義援金詐欺など、人の善意につけこむ人たちもいるというのは哀しいことですが…。

ただ、職場は節電のため、エアコンを切り、照明を3分の1くらいに落としています。
趣旨はわかりますが、このところ寒い日が続き、室内でも防寒着が必要だったり、風邪をひきかけている人を見ると、やり過ぎではないかと思わざるを得ません。
避難所で暮らす方の寒さを思えば贅沢だ叱られそうですが、生産性にも社員の士気にも悪影響を及ぼしています。
エアコンも、一律完全オフでなくても、気温を見て設定温度を下げるくらいでもいいのでは。
まして照明を落とし過ぎるのはVDT作業にはよくないはず。
社員に対する安全配慮義務違反に問われないでしょうか?
そもそも、節電してもしなくても、この地域の電力供給に影響を与えるだけで、被災地に電力が回るわけではないのだし。
また、原発の復旧作業に携わる方たちの劣悪な労働環境の記事を読み、腹が立ちました。
避難所の方々の生活を考えて、それより贅沢させられない、という発想なのでしょうか?
しかし、今回の放射能漏れに、東電や東芝やその協力会社の方たち個人は全く責任がありません。
にもかかわらず、被曝の危険に最前線で立ち向かい、文字どおり命懸けで復旧作業に当たったいる方たちに、満足は食事も睡眠場所も与えず、管理者は交替もできないとは。
彼らがいなければ、原発の状況は一層悪くなるばかりだというのに。
ご家族の不安もいかばかりかと思うといたたまれません。
せめて文化的と言わないまでも、健康にベストコンディションで作業に臨める程度の待遇はしていただきたいと思います。
ともかく、1日も早い被災地の回復と原発の復旧を祈るばかりです。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 1

コメント 1

inakyouyuzuchi

あんぱんち~さま>nice!ありがとうございます。
by inakyouyuzuchi (2011-04-18 00:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。