So-net無料ブログ作成

裁判員裁判 [あれやこれや]

裁判員裁判による死刑判決が話題になっています。

私は個人的には、誰かに死を宣告できる権利を自分が持っていると思えないので
仮にその立場に立てば、どんな被告に対しても、死刑判決は出せないと思いますが
その判決に携わった方たちが、これからずっと、
被告の命に責任を負ってしまう(法的にはそうでなくても、気持ちの上で)だろうことを
考えると、その重荷はいかばかりかと案じてしまいます。

職業裁判官は、日常的にそれを考えるプロフェッショナルであり、
自らその職業を選択した人たちだから、責任を負うのは当然だと思いますが
それを一般市民に考えさせるというのは、やはり厳しいなと…。
報道番組で、「同じような事件」なのに裁判員が死刑を選ばなかった、
その被害者の遺族の方が、
「横浜の裁判所だったら…」と呟いているのを目にしました。
それを、もしも死刑判決にしなかった裁判員の方が聞いたら、と思うと
どちらの判断をするにせよ、後になっても重荷になることでしょう。

裁判員制度って、誰のためにあるんでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。