So-net無料ブログ作成
検索選択

育休金欠です

さっき、ふと不安になって口座残高をチェックしたところ、
マイナスになっていました。(泣)

出産すると、産前産後休業期間は健康保険から
出産手当金として、お給料の6割をもらえます。
私の場合、3月上旬から産前休暇、4月出産、
6月8日まで産後休暇だったため、
6月末に6月の8日分の手当金を支給されました。

その後の育児休業期間に入ると、今度は雇用保険から
育児休業給付金を支給されますが、
これは2ヶ月単位で後払いです。
しかも、育児休業期間はお給料の3割、
復職後6ヶ月経過してまだ勤め続けていれば
休業期間分のお給料の1割が支給される仕組みになっています。
したがって、私が最初の給付金をもらえるのは
9月末頃でしょうか?
(申請手続きは会社でやってくれるので、いつになるのか
よく分からないのです。)

一応、6月の終わりには、夏のボーナスが入りました。
これは昨年度の10月から3月まで働いた期間相当の分なので
金額的にはまあまあなのですが、
私は7月に引越をしてしまって何かと物入りで…
かくて、金欠生活に突入です。

それにしても。
「育休が取れるだけで幸せよ、うちの会社なんて育休ないから」
といわれたことがあります。
女性が子育てしながら仕事を続けるためには、
前提として産休・育休の制度が勤務先に整っていること、
これらのお休みを取ったり、復帰後にも時短や
子どもの急病のために早く帰ることに対して
職場に理解があることが大切だと思いますが
(もちろんほかにも夫の理解と協力、他の家族の理解、
保育所環境、経済状況などなど要因はいっぱいありますが)
制度として、また職場環境として休みが取れたとしても
この収入減はやっぱりきついですね。
夫婦で夫の方が収入が高い家庭では、
男性の育休取得率が上がらない原因の一つにも
絶対なっていると思います。

子育てにもお金はかかりますしね。
うちは、三人目なのでベビーは上からのお下がりをフル活用
&完全母乳でミルク代ゼロ
&布オムツ併用で紙おむつ代削減していますが、
それでも布オムツ洗濯の水道代は目に見えてアップしていますし。

会社は「ノーワークノーペイ」だといいますが、
育休期間が完全に有給になるとか
せめて8割くらいの賃金保証があるといいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。